Doorkeeper

Security-JAWS 【第22回】 勉強会 2021年8月27日(金)

2021-08-27(金)18:50 - 21:30 JST
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
アンケートURLはこちら:https://bit.ly/210827secjaws

詳細

Security-JAWSは、AWS+Securityをコンセプトに立ち上げられた勉強会になります。
第22回はオンラインの開催です。

開催概要

【日時】
2021年8月27日(金) 19:00~22:00(開場18:30/前説18:50)

スケジュール 講師

時間 内容 登壇者
18:30~18:50 受付開始
18:50~19:00 開催挨拶
19:00~19:20 Session1: インシデントハンドリングを効率化する AWS Systems Manager Incident Managerのご紹介 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 柳 嘉起さん
19:20~19:25 Q&A
19:25~19:45 Session2: AWSのコンテナはここが要注意!セキュアなコンテナ開発環境を実現するには パロアルトネットワークス株式会社 西田 和弘さん
19:45~19:50 Q&A
19:50~20:10 Session3: 経産省DXレポートで主張したAmazon KMS 株式会社クラウドネイティブ 齊藤 愼仁さん
20:10~20:15 Q&A
20:15~20:35 Session4: AWSのインシデントレスポンスはここまで進化した!Radware Cloud Native Protectorによるインシデント調査 Radware Japan, SE Director, 和田一寿さん / クラスメソッド株式会社 シニアソリューションアーキテクト 臼田 佳祐さん
20:35~20:40 Q&A
20:40~21:00 Session5: AES SIEMを運用して分かった できること、できないこと freee株式会社 杉浦 英史さん
21:00~21:05 Q&A
21:05〜21:25 [クラウドZoom相談] 当日のslido & ドアキで受付けた質問に回答する枠 Security-JAWS運営メンバー
21:25〜21:30 クロージング
21:30~22:30 Zoom懇親会(+名刺交換) Zoom参加枠の方+登壇者+運営メンバー

Twitter

TW: https://twitter.com/security_jaws
ハッシュタグは#secjaws #secjaws22 #jawsug
です。

参加者への注意事項

  • イベントについてのTwitterやSNSへの投稿は、原則OKですが、投稿についてNGな部分は講師の方々に従いましょう。

以上のルールをご理解下さい。

登壇者の方々へ

  • 本ページへの申込みをお願いいたします。

リモート配信について

今回は、YoutubeLive を使ったリモート配信を行います。
当日18時を過ぎてから、リモート参加者宛に配信の接続URLをお送りしますので、18:45あたりから接続いただけると幸いです。

質問受付について

ツイッターハッシュタグとともに頭に【質問】とツイートしていただければ、運営にてとりあげるようにします。また、slidoも利用する予定です。

[クラウドZoom相談] 当日のslido & ドアキで受付けた質問に回答する枠について

運営メンバーによる、AWSのセキュリティに関する質問に答える枠を用意してみました。
Doorkeeperであれば、読み上げてほしいペンネームも設定してください。
当日の各登壇者が発表後のslidoにても質問を受け付けます。投稿者が空欄なら匿名希望とします。
読み上げられた方には、Security-JAWS特製の何かが送られるとかいうわけではございません。

Zoom懇親会について

Zoom参加枠でご参加いただくとイベント終了後Zoom懇親会にご参加いただけます。
Zoom参加される方はあらかじめ名刺交換用のQRコードを打ち込んだ仮想背景をご準備いただいて、参加いただけますと幸いです。

運営メンバー

南原 正樹
吉江 瞬
吉田 浩和
臼田 佳祐
齊藤 愼仁
大竹 孝昌
好光 泰章
佐々木 大輔
他1名

コミュニティについて

Security-JAWS

Security-JAWS

JAWS-UGはAWS( http://aws.amazon.com/jp/ ) を多くの方に知っていただき、活用を推進するために活動をしているユーザーグループです。 Security-JAWSの特徴 AWSを活用する上でセキュリティは重要な要素となります。攻撃系・監査系・暗号化認証系など、様々な分野のスペシャリスト達が、どのようにしてAWSを活用しているのか情報を共有し、より一層A...

メンバーになる